So-net無料ブログ作成
検索選択

『サブリエル 冥界の扉』 (Sabriel) [1995] [読書]

古王国記シリーズ (The Old Kingdom series) 第一弾

ファンタジーとしての手法に新しさは感じられませんが、主人公を中心とした人物設定がややこしくなくスンナリ読むことがでけます。
『壁』のむこう側の古王国でなにかが起こり、父親のアブホーセンの身に・・・
魔術、死霊、フリー・マジック、ネクロマンサー等々のファンタジー好きのココロをクスグル小道具やお馴染みの設定・・。
18歳の主人公サブリエル(女の子)が、苦難を乗り越えながらひとつひとつ解決していきます。父親を探す旅と同時に、魔術師としての修行も続けていく姿を描いていきます。
人間の住む世界と魔術と死霊の世界が『壁』で区切られているという設定はどこかで聞いたことがある様な感じですが、判りやすいといえばそれまで・・。
作者のガース・ニクスはオーストラリアのファンタジー作家で、この作品で1995年オーストラリア・ファンタジー大賞受賞、1997年度米国図書館協会ベストブック選定、の栄誉を受けている。他に代表作として、『セブンスタワーシリーズ』がありこちらも多くのファンの心を掴んでいる。
主人公が若い女子の活躍なので、映画化してもヨイかもしれません。
読んだ後に、シーンごとの映像が自分の頭の中で再構築しやすいのでTVシリーズとかでもいいかも!

『古王国記シリーズ』として、このサブリエルの続編として、 2001年 『ライラエル 氷の迷宮』 (Lirael) 、2003年 『アブホーセン 聖賢の絆』 (Abhorsen)があります。

サブリエル―冥界の扉 (古王国記) (古王国記)

サブリエル―冥界の扉 (古王国記) (古王国記)

ライラエル―氷の迷宮 (古王国記)

ライラエル―氷の迷宮 (古王国記)

  • 作者: ガース・ニクス
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2003/09/28
  • メディア: 単行本


アブホーセン―聖賢の絆 (古王国記) (古王国記)

アブホーセン―聖賢の絆 (古王国記) (古王国記)

  • 作者: ガース ニクス
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2004/05/01
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 2

nanaco☆

はじめまして♪楽天ブログから遊びにきました!
先日はTBありがとうございました(*^_^*)
「サブリエル」楽しかったですね。ついこの間「ライラエル」も読み終わり、今年中に「アブホーセン」も読もうかと思っています。
本当にファンタジー好きにはたまらない設定ですね♪
また遊びにきま~す!
by nanaco☆ (2007-12-15 18:24) 

taha

ども、nanaco☆さん。
TB、コメント有難うございます。
BLOGは毎日チェックしないとダメですね。ごめんなさい。

今は、シャドウマンサーにとりかかってます。
by taha (2007-12-28 22:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。